キーワードで検索する

昭和記念公園についてAbout park

国営昭和記念公園の概要

昭和57年 開園前の国営昭和記念公園

国営昭和記念公園は、昭和天皇御在位50年記念事業の一環として米軍の立川飛行場跡地につくられた総面積180haにもおよぶ国営公園です。 昭和58年10月26日、第⼀期開園区域として70haが開園しました。東京都立川市・昭島市にまたがって位置し、『緑の回復と人間性の向上』をテーマに、豊かな自然環境の中で多彩なレクリエーション活動の場となるよう計画されました。

ゾーニング

5つのゾーンに分けられた園内は、A・Bのゾーンを西洋的なイメージ(都市軸)、C・D・Eのゾーンは北に行くにしたがって武蔵野の景観を再生するなど自然的なイメージ(自然軸)で公園づくりを行っています。

A みどりの文化ゾーン(無料区域)

JR立川駅や多摩都市モノレールにも近く、緑豊かな公園と賑わいの市街地の接点となるゾーンです。「都市における緑の文化の創造と発信」を基本テーマとして整備されました。

主な施設 あけぼの口・花みどり文化センター昭和天皇記念館ゆめひろば総合案内所

B 展示施設ゾーン

平坦な地形で都市的な立川口から、自然的な公園へ至る回廊の役割をしています。みどりの文化ゾーンの文化的なかおりを残し、イベントや野外展示も可能なゾーンとしています。

主な施設 立川ゲート・立川口駐車場・カナールドッグランふれあい広場

C 水のゾーン

隣接する市街地の環境に配慮しながら、広場や森に続くゾーンとして、樹木や池を中心とした自然的な景観をつくり出しています。

主な施設 西立川ゲート・西立川口駐車場・水鳥の池花木園水あそび広場

D 広場ゾーン

公園の中央に位置し、広がりのある空間で、いろいろなレクリエーションが楽しめます。また非常時の避難場所としての役割を担っています。

主な施設 砂川ゲート・砂川口駐車場・花の丘こもれびの里こもれびの丘日本庭園盆栽苑こどもの森
年月日 開園面積
S54.11.30 国営昭和記念公園の設置を閣議決定
S55.2.19 事業着手
S58.10.26 第一期開園(みんなの原っぱ等)昭和天皇御臨席のもとに開園式典開催 70.0ha
S60.6.28 レインボープールオープン 82.0ha
S61.4.19 水鳥の池オープン 90.0ha
H1.4.29 天皇・皇后両陛下御臨席の下、「みどりの日」制定記念式典開催 102.6ha
H4.10.9 こどもの森全面オープン 123.7ha
H9.4.17 日本庭園オープン 137.7ha
H11.4.28 皇太子・同妃殿下御臨席の下、第10回全国「みどりの愛護」のつどい開催 137.7ha
H16.11.3 日本庭園内 盆栽苑オープン 148.7ha
H17.11.27 みどりの文化ゾーン第Ⅰ期区域オープン 157.3ha
H19.10.13 こもれびの里オープン 162.5ha
H23.4.1 花の丘オープン 165.3ha
H26.4.1 みどりの文化ゾーンⅡ期区域(高松口)オープン 169.4ha