キーワードで検索する

施設紹介 Facility

みんなの原っぱ

03春5月
04夏8月
05秋10月
みんなの原っぱ
(c)RyoTajima
03春5月
04夏8月
05秋10月
みんなの原っぱ

基本情報

園内の真ん中にあるみんなの原っぱは、南北約400m、東西約300m、約11haの広大な原っぱです。中央にはシンボルツリー、高さ20m以上の大ケヤキがあります。スポーツをしたり、木陰で一日のんびりしたり、過ごし方はいろいろ。
原っぱにある3つの花畑(東花畑、西花畑、南花畑)では季節ごとに様々な花が楽しめます。なお花の種類は、年や季節によって変化します。花・植物のページをご確認ください。


立川ゲート

徒歩約20分


西立川ゲート

徒歩約15分


砂川ゲート

徒歩約20分


駐輪場

P11・P12・P16・P29


大ケヤキの歴史

シンボルツリーである大ケヤキは、公園整備のために植えられたものではなく、公園ができる前からこの場所にあったものです。見つけた当時の大きさは樹高17m、枝張16m、幹回り2.4mで、樹齢はおよそ70~80年と推測できました。当時から40年ほど経過してさらに大きく丸くなったケヤキは、現在樹齢100年を超えていることになります。この立派なケヤキを見つけた公園の設計担当者が「このケヤキを中心に原っぱを作ろう」との想いで整備されたのが、このみんなの原っぱなのです。

みんなの原っぱは芝生?

一見、きれいな芝生に見えるみんなの原っぱは、芝生以外にも様々な草で構成されています。整備した当初は一面に芝生を張りましたが、その後の管理では除草剤などの薬品を使用せず、様々な雑草と共生できるよう意図して作られています。季節を通じて美しい野の花が咲き、人と自然がふれあえる環境を目指しています。

芝生の下には・・・

実は、みんなの原っぱ南側半分には、巨大な雨水をためる貯留槽が埋められています。貯まった雨水は、一定の量になると「水鳥の池」にポンプで送られるようになっていて、渓流広場などの水景施設や、トイレの洗浄水として有効利用しています。水鳥の池の大量の水は、園内に降った雨水が効率よく集められたものなのです。

周辺の施設

33

原っぱ南売店

売店
30
バーベキューコーナー

バーベキューコーナー(渓流広場レストラン内)

バーベキュー
32
1.渓流広場

渓流広場

花・自然
36

原っぱ中央売店

売店