国営昭和記念公園公式ホームページ

言語選択
文字サイズ

里だより【1月8日】

2022年1月9日 日曜日

2022年最初の活動です。多くのボランティアが元気に集まりました。

 

●初作

畑に榊(さかき)を立て「今年の無事と豊作」をお祈りし、鍬入れをしました。

 

 

 

●年中行事(まゆ玉飾り)

砂川周辺では養蚕(ようさん)が盛んだったころ、五穀豊穣(ごこくほうじょう)や養蚕の豊作を願って行われました。

農家が開いている日時内(1/8(土)~14(金))に見学できます。

※写真は、年中行事(まゆ玉飾り)の準備の様子です。

 

 

 

 

●あぼへぼ作り

「粟(あわ)の穂、稗(ひえ)の穂」が垂れ下がるほど豊作になるように祈願し作るものです。竹とヌルデの木を使いました。本来は堆肥の上に立てます。

 

 

 

 

●堆肥用落ち葉集め

集めた落ち葉を堆肥置場に何度も運びました。約1年かけて堆肥にします。

 

 

 

●畑

霜で上がった土を抑えるため、また株を分けつさせるために麦踏みをしました。

 

 

●植生

ツゲ上やシバザクラの周りの落ち葉を除去しました。

 

 

降雪の影響を受けたナノハナの手入れをしました。

 

茶畑の土留の位置を少し移動しました。