国営昭和記念公園公式ホームページ

言語選択
文字サイズ

開花情報(8/19)

2021年8月19日 木曜日

園内の開花情報(花だより・見所MAP)はこちらをご覧ください。

------------------------------------------------------------------------

 

 

 

◆ヒマワリ サンフィニティ(キク科)◆

状況:見頃

場所:ハーブの丘(もみじ橋近くの丘)1本立ちではなく、枝分かれをして小さい花を沢山咲かせる品種‘サンフィニティ’が引き続き見頃となっています。

草丈は高くないので小さいお子様でもお楽しみいただけます。

(撮影8/19)

 

また畑内に青色のドアのフォトスポットを設置しています。

入れる場所はロープ柵で囲っておりますので、それ以外の場所には入らないようお願いいたします。

(撮影8/19)

 

 

 

◆ヒマワリ見本園◆

状況:開花始め

場所:渓流広場夏花壇内

 

渓流広場夏花壇内のダリアの庭に近い側に、未発売の品種を含む6品種のヒマワリが見本園と言う形で植栽されています。

写真1枚目は「ロンド」、2枚目は「ビッグレモネード」と言う品種です。

(撮影8/19)

 

 

 

◆ヒマワリ ハイブリッドサンフラワー(キク科)◆

状況:見頃過ぎ

場所:原っぱ東花畑

 

見頃過ぎとなりました。

(撮影8/19)

 

 

 

 

◆パンパスグラス(イネ科)◆

状況:見頃

場所:玉川上水口周辺、ハーブの丘(撮影8/19 玉川上水口周辺)

 

ハーブの丘の中にあるパンパスグラスも花穂をつけ始めています。

ヒマワリサンフィニティと一緒にご覧いただけます。

(撮影8/19 ハーブの丘)

 

 

 

◆ヒョウタン(ウリ科)◆

状況:見頃

場所:こもれびの里

 

用意しているお皿が今にも崩れそうな程さらに大きくなっています。

(撮影8/19)

 

 

 

◆オキナワスズメウリ(ウリ科)◆

状況:見頃

場所:花みどり文化センターグリーンカーテンスイカに似た模様の小さな実をたくさんつけています。

今年はグリーンカーテンとしても綺麗に伸びています。

(撮影8/19)

 

 

 

◆フウセンカズラ(ムクロジ科)◆

状況:見頃

場所:花みどり文化センターグリーンカーテン紙風船のような膨らんだ実をたくさんつけています。実が熟すと中からハート模様のタネが出てきます。

(撮影8/19)

 

 

 

◆ホオノキ(モクレン科)◆

状況:見頃

場所:ハーブの丘周辺長楕円形の大きな実が、秋に向けて赤色に熟してきています。

(撮影8/19)