国営昭和記念公園公式ホームページ

言語選択
文字サイズ

藍型染作品展2020

2020年7月24日 金曜日

いつ:
2020年8月1日 全日
2020-08-01T00:00:00+09:00
2020-08-02T00:00:00+09:00

 

 

日本の伝統文化のひとつである「藍型染」は、「藍」を染料とし伝統文様の

 

型紙を手漉き和紙の柿渋で貼り重ねた「渋紙」を彫って作るなど、植物を活用した染色技法である。

 

令和に因む万葉植物パートⅡとして、今回は秋の七草を中心に植物を描いた文様を展示。

 

ひと足早い秋の気配を感じて下さい。

 

イメージ写真

イメージ写真

 

 

開催日:2020年8月1(土)~8月28日(金)9:30~17:00

    ※最終日は15:00まで

会 場:国営昭和記念公園 花みどり文化センター

    ギャラリー2(入場無料)

協 力:下田あや子/藍・愛・逢

 

 

【協力者紹介】

 

 下田あや子(花緑文化士)

 花みどり文化センターにて、

 「藍型染め講習会(初級編・中級編・上級編)」を 開催(2007年~現在)。

 昔ながらの伝統的な技法で行う藍型染めを受け継ぎ、

 多くの受講生に藍型染めの素晴らしさを伝えている。

 

 藍・愛・逢

 「藍型染め講習会」受講生で結成したサークル。

 下田氏を講師として月1回のペースで活動を行う。

 活動では、型紙をもとに「型彫り」「紗ばり」「糊置き」「染め」の

 全行程を行い、作品を作成する。