国営昭和記念公園公式ホームページ

言語選択
文字サイズ

開花状況(4/26)

2018年4月26日 木曜日

  -------------------------------------

◆園内の開花情報(花だより・見所MAP)はこちらをご覧ください。

--------------------------------------

今年は全般的に植物の成長が著しく、
開花も例年に比べて10日から2週間程度早く進んでおります。

 

◆ネモフィラ

状況:見頃(見頃予想:G.W.前半頃まで)

場所:もみじ橋近くの丘

「もみじ橋」は西立川口からレインボープールの脇を抜けたところです。

初夏の陽気の下、ブルーの花が眩しいくらいに咲いています。
そろそろフィナーレも近いので、お早目にどうぞ!

 

◆ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャの木)

状況:満開

場所:わんぱく遊具、ふれあい広場(北斜面)、花の丘/こもれびの里(入口)

園内4か所のヒトツバタゴは今、どれも満開です。
特徴のある白い花が遠くからでも目を引くので、比較的見つけやすいと思います。

ネモフィラの丘までお越しの際には、ぜひ足を延ばしてみてくださいね。


◆スイレン◆     

状況:開花始め

場所:花木園(菖蒲田)、日本庭園

日本庭園に先駆けて、花木園展示棟前(菖蒲田)でスイレンが咲き始めました。
日ごとに花数が増えています。

ハナショウブが咲くには、まだ少し時間がかかりそうです。

 

◆ハーブガーデン
場所:花木園

菖蒲田から西へ進むと、ハーブ園に出ます。花色が増え、活気が増してきました。

モッコウバラのゲートの奥に見えるのがベニバナトチノキです。


園内のトチノキは軒並み見頃ですが、
ベニバナがご覧いただけるのはハーブガーデンのここだけです。

 

◆ブーケガーデン
場所:原っぱ西花畑

今年のブーケガーデンは、11種類の草花を混植しました。
現在はネモフィラが優勢ですが、ヤグルマギクやポピーが増えてくれば
色味の変化もお楽しみいただけるでしょう。

見頃は5月上旬を見込んでいます。


奥に映った黄色はナノハナです。初夏のナノハナの力強さもいいですね。


(撮影:全て4/26)